日本の大晦日に無くてはならない歌番組と言えば

12月に近づくと毎年必ず話題になるのが、紅白の司会はだれに決まったとか、今年はあの人が初出場とか、意外にもあのアーティストは出ないなどです。

小さい頃、私たち姉妹は紅白の前に一緒にお風呂に入りました。
そこで由紀さおり・安田祥子さんの真似をして歌ったり、小林幸子さんの衣装を想像したりしたものです。
その後、家族みんなで紅白を観るのが習慣でした。
そんな子どもの頃の思い出を、紅白が近づくと毎年思い出します。
紅白関連ニュースを聞くだけで、気分は年末モードですね。

大晦日当日は、ただヒット曲を聞くだけでなく、一年を振り返ってみることができるのが、紅白の醍醐味ではないかと思います。
印象的だった出来事から、すっかり忘れていた出来事まで、社会の動きと一緒に振り返ってくれます。
盛り上がる場面あり、しっとりと考えさせられる場面あり、最後は今年もよく頑張った、なんていう気持ちに浸ってしまうのは私だけでしょうか。

テレビでもラジオでも、世界にも放送されている紅白歌合戦。
これぞ、日本の大晦日ですね。
毎年思考を凝らした裏番組が放送されていますが、どの番組を観ていても、最後には紅白を観ている我が家です。ミュゼ 980円

主人公たちは8つの大きな扉の先の大きな扉のエリアに到着してからの話などをします

その扉のエリアは、縦に扉が、それぞれの間隔で、並んでいます。扉と扉の間の場所で、敵と戦う事になります。せまいスペースであるため、近距離戦を主とした戦いになります。一人づつとか、1匹のモンスターなどが、そのつど敵となって戦う場面もあるのですが、まずは、ブラボー武田と、ベイビー吉田が、コンビとなって敵として、登場します。いきなり戦闘のシーンになるのかと思ったら、お互いに、くすぐりながらつねり合いながら多少もめぎみに、勝手になっていて、それを見て主人公たちが、少し呆れてから、戦闘に入ります。主人公たちは、通常攻撃で、あっけなく短時間で敵を倒し、そこから、3つの扉を、同じようなペースで、敵を倒しながら、進んでいきます。5つめの扉での戦いなのですが、小振りの利く軽い剣と多少頑丈な鎧を装備している敵と戦う事になります。攻防の後半に、その敵の鎧が、ダメージから、あちこち砕け、その破片が、床に落ちていてもう少しで倒せそうな状態にありますキレイモ