子供にとって初めての使い捨てカメラは難しかったようです

小学6年生の息子が先日1泊2日の修学旅行へ行ってきました。心配していた天気も何とか最後までもちましたし、帰って来てからも色々な話を予想以上に楽しかったようです。学校から保護者向けの修学旅行の説明会があったのですが、カメラを持って行って良いということだったので息子には使い捨てカメラを持って行かせました。デジカメでも良いということだったのですが、息子に預けることは危険だと思ったので使い捨てカメラを準備しました。
27枚撮りでフラッシュもついていて、事前に撮り方を教えて行かせたのですが息子には少々難しかったようです。写真の現像をとても楽しみにしていてすぐに現像に出しに行きました。どんな写真が撮れているかすごく楽しみにしていましたが、半分ほど何も撮れておらず、そのさらにまともに撮れていたのは数枚でした。フラッシュを出し忘れてようで室内の写真はほぼ全滅でした。今回、使い捨てカメラを使わせてデジカメの便利さを痛感しました。http://www.zeorymer.com/entry15.html