結構あり得る話!火傷を負った時の対処法!

火傷は日常生活をしている中でも、比較的負う確率の高い怪我の一つです。

料理であったり、煙草を吸う時だったり、何かのきっかけで火を扱う時に、または熱いものを扱う時に、負うことは十分考えられます。

火傷の対処法は火傷の具合で変わってきますが、例を挙げるなら、カップラーメンのお湯をかぶったくらいならば、自分で対処もできます。

それ以上の水ぶくれができたり、皮膚がただれたりしている状態は、命に危険が及ぶので、すぐに病院で診察を受けましょう。

さて、比較的軽度の火傷の対処法ですが、この時、すぐに火傷の薬とかは塗らないで、まずは患部を冷やす必要があります。

冷やすには洗面所か台所へ行き、流しっぱなしにした水道水で15分以上冷やすことです。

これで、火傷が広がるのを防ぎ、痛みとかも引いていくはずです。

しかし、これはあくまで『冷やす』行程ですので、この後にも皮膚に赤みが残ったり、痛みが残るようなら、まっすぐに病院へ行きましょう。

フリマアプリのメルカリでいろいろ購入しています

フリマアプリのメルカリ。
出品をメインにやっています。

着られなくなった子ども服や、貰い物の雑貨など、家で使わない物を出品します。
買ってもらえてたまったお金を、時々銀行口座に振り込んでもらいますが、メルカリに出品されているものを購入するために使うこともあります。

よく買うものは、自分の化粧品、子どもの服が多いですかね。
化粧品は、いつも使っているものが一緒なので、よくチェックしています。
少ししか使用していないけれど結構安く出ていたりするので、見つけた時に買っています。

一度見だすと楽しくなって、いろいろ見てしまいます。
そして、気になったものはチェックしておき、またあとから見れたりして、気軽に見られるのがいいです。
早い物がちなので、欲しいと思った物はすぐに買わないとなくなってしまう可能性もあります。

値段交渉をして値下げしてもらって買ったりと、いいものが安く買えると嬉しいです。
あまり買い過ぎないように注意は必要ですが、必要な物を安く買えるメルカリ、これからも使おうと思います。