ナトリウムや能動輸送などについて勉強した

細胞について勉強しました。膨圧は水が浸透して細胞の体積が増すほど高くなり、細胞は十分に空気の入ったタイヤのように硬くなります。このような状態の植物細胞を緊張状態といいます。膨圧が生じることで植物細胞は一定の形を保ち、さらには植物体全体の形態を維持することができます。しおれた植物に水を与えると回復するのは、この状態になったからです。もしも、細胞が受動輸送だけを行うとすると、細胞膜を通過できる細胞内外の物質の濃度は差が小さくなるはずです。しかし、ヒトの赤血球と血しょうに含まれているナトリウム(Na)とカリウム(K)の濃度を比較すると、大きな偏りがあります。これは、細胞膜を通してナトリウムを外に出し、カリウムを内部に取り込んでいるからです。このように細胞膜が濃度差に逆らい、エネルギーを使って積極的に物質を出し入れするしくみを能動輸送といいます。このことを学びましたが、知らないことを知れて良かったです。アイフル 審査 流れ

大人になってからの年令で受取る夫人への思惑

先日、年令でした。
昔は心待ちだった年令も大人になると、職や世帯などでバタバタして下手するとお日様が覆りみたいに上る頃に「あっ昨今年令だった!」と思い返す実態。
さほど自分にとって年令は大きな催事ではなくなったきたんですなと年齢を重ねるたびに思います 。

けれど、最近では昔とは違うハピネスを受けとることも。
それは、産んでくれたママへの謝意の気持ちです。
ここ数年は年令が現れるたびに「生まれてきて良かったなぁ」「生んでくれて本当にありがとう。」と思うようになりました。
そしてまだまだ元気なママへ、元気なうちに親孝行を複数狙うなと思います。
自分が大人になり女房となった今 、ママがどれだけ一大物なのか、どれだけ情愛を注いでくれたのか身に染みてわかるようになりました。
少々あんなママに追い付くことはできませんが、私も息子にそう思ってもらえるよう頑張っていきたいなと思った年令でした。