日本の大晦日に無くてはならない歌番組と言えば

12月に近づくと毎年必ず話題になるのが、紅白の司会はだれに決まったとか、今年はあの人が初出場とか、意外にもあのアーティストは出ないなどです。

小さい頃、私たち姉妹は紅白の前に一緒にお風呂に入りました。
そこで由紀さおり・安田祥子さんの真似をして歌ったり、小林幸子さんの衣装を想像したりしたものです。
その後、家族みんなで紅白を観るのが習慣でした。
そんな子どもの頃の思い出を、紅白が近づくと毎年思い出します。
紅白関連ニュースを聞くだけで、気分は年末モードですね。

大晦日当日は、ただヒット曲を聞くだけでなく、一年を振り返ってみることができるのが、紅白の醍醐味ではないかと思います。
印象的だった出来事から、すっかり忘れていた出来事まで、社会の動きと一緒に振り返ってくれます。
盛り上がる場面あり、しっとりと考えさせられる場面あり、最後は今年もよく頑張った、なんていう気持ちに浸ってしまうのは私だけでしょうか。

テレビでもラジオでも、世界にも放送されている紅白歌合戦。
これぞ、日本の大晦日ですね。
毎年思考を凝らした裏番組が放送されていますが、どの番組を観ていても、最後には紅白を観ている我が家です。ミュゼ 980円